会社設立の流れ - 会社設立の流れ、ここがポイント

会社設立の流れ

東京で会社設立する手順についてまとめてみましょう。
会社を設立するにはあらかじめ流れを知っておくとスムーズに準備が出来るのではないでしょうか。
会社を設立する機会はそう多くあるものではありませんので、はじめて会社を設立をする人が多いと思います。
会社設立は流れが決まっていますので、代行業者や税理士に委託することも可能ですが、お願いするにしても流れを知ってから委託したほうが安心できると思いますので、まずは基本をしっかり理解しましょう。

会社の目的や商号、印鑑などをチェック

会社設立にはまずは、会社の目的を明確にしていきましょう。
会社の目的は設立する段階では何の会社かという事は決まっていると思いますが、会社の定款を作るうえで、はっきりとした目的を記す必要がございますので、ここで明確にしておくと良いです。
あわせて事業の将来性や、事業計画もしっかり決めておくことをお勧めします。
手続きが進むと忙しくなりますので、事前に事業の全貌を創業者みんなできちんと整理しておくと安心です。

次に会社の発起人、役員を決めます。
これは会社の設立に関する一番基本となりますので一番初めに決める事項となります。
人員配置をどうするのか、取締役、代表取締役、監査をどうするのか、などきちんと話し合っておきましょう。

次に類似の商号をチェックしていきましょう。
管轄する法務局で調べることが出来ます。
商号が同じでも住所が違えば登録することは可能ですが、インターネットホームページを作る際にドメインが取れなかったり、取引相手に紛らわしい印象を与えてしまう可能性があります。
最悪の場合、同じ商号を利用していて訴えられる可能性もあります。
少なくても同業者で同じ名前がないかどうかチェックするなどの配慮は必要です。
また、会社名というのは、いろいろなところで話題に上がるものです。
由来があれば話のネタにもなりますし、会社のことをよく知ってもらう手段にもなります。
ですので、会社名は覚えやすく、由来が説明できるものがベストです。

会社の商号が決まりましたら、印鑑の製作をしましょう。
印鑑は登記の際に必要になりますので早めに発注しておきましょう。
法人印とよばれる会社実印のほか、銀行口座を作る際に必要な銀行印は必須です。
ほかにも領収書におす角印や住所の入った住所印はよく使いますので併せて作成してもよいかもしれません。
セットになって販売されているケースも多いのでチェックしましょう。

定款を決めよう

次に会社の定款を決めましょう。
会社の定款とは社内の法律のようなものです。
まずは定款には本店所在地、商号や事業目的などが記されます。
作るのが少々面倒ですが、ネット上にはサンプルやひな形が多く存在していますので参考にしてみてください。
定款が出来たら公証役場にて定款の認証を受けます。
定款の認証は本店所在地を管轄する法務局に所属する交渉役場にて行いますので、どこの公証役場に行けばよいのかも事前に調べておく必要があります。
事前に電話で行く日にちを決めておき、担当の方のスケジュールを確認しておくとスムーズです。
次に公証役場に下記のものを持参します。

定款3枚、発起人全員の印鑑証明、公証役場に実際に行く人の実印。
発起人で実際に役場に行かない人の委任状。
収入印紙などの費用。

費用などは事前にいくらかかるか大体計算できますが、少し多めに持っていくと安心です。

次に資本金の振込を行います。
メインバンクに資本金を自分名義で振り込みをします。
振込証明書と通帳の1ページ目をつなぎ、会社の実印をつなぎ目に押します。

会社設立まであと一歩!登記をしよう

資本金を振り込んだら2週間以内にいよいよ登記申請をしましょう。
割とタイトなスケジュールとなりますので期限が過ぎないように注意が必要です。
また登記をした日が会社の設立の日になりますので覚えておきましょう。

会社の登記はいろいろと面倒なことが多いです。
必要になる書類も多く、内容も素人には複雑なので丁寧に準備する必要があります。
また手続きには時間がかかりますので、専門家に依頼するという事も検討しても良いです。
税理士や会社設立代行業者は間違いなく手続きを進めてくれるので安心です。
それだけでなく、会社の設立時は登記以外にもいろいろとやることが盛りだくさんです。
ですので、かんたんに会社設立するなら専門家に依頼するのがスムーズな登記ができるのでおすすめです。
専門家は書類を間違いなく作ってくれるだけでなく、必要なアドバイスや節税対策、助成金のアドバイスなどをしてくれることもありますので頼りになるでしょう。
時間も節約できますし、はじめての会社設立にはおすすめです。